【k8 カジノ パチンコ】決戦!P神!レジェンドトーナメント

パチンコの新台「牙狼」やCRキャッツ・アイは人気です。

CRキャッツ・アイ
パチンコ 牙 狼 新台 » CRキャッツ・アイ » パチンコの新台「牙狼」やCRキャッツ・アイは人気です。

パチンコの新台「牙狼」やCRキャッツ・アイは人気です。

CRキャッツ・アイ」は、アニメ「キャッツ・アイ」をテーマにしたパチンコゲームで、日本のパチンコホールで人気を博しています。このゲームの特徴的な要素の一つは、「牙狼」シリーズの新しい台が導入されたことです。これにより、新しいゲームプレイの要素が追加され、プレイヤーにとって新鮮な体験を提供しています。

CRキャッツ・アイ」の基本的なゲームプレイは、通常のパチンコと同様に、小さな玉を使って大当たりを目指すことです。プレイヤーはコインを投入し、ボタンを押して玉を射出します。玉が特定の場所に入ると、大当たりが発生し、さまざまな景品やメダルが獲得できます。

「CRキャッツ・アイ」の最大の特徴は、テーマに沿った演出や漫画のキャラクターが登場することです。アニメのキャラクターたちが画面上で活躍し、プレイヤーに楽しいエンターテインメントを提供します。特に、「牙狼」シリーズの新台では、牙狼のキャラクターやストーリーが活用され、ファンにとっては嬉しい要素となっています。

ゲームの技巧についてもいくつかのポイントがあります。まず、ボールの射出角度や力を調整することが重要です。これにより、特定の場所にボールを入れやすくなり、大当たりの確率が高まります。また、ゲーム内の演出やボーナスゲームを上手に活用することも大切です。これらのボーナスゲームでは、追加の景品やメダルを獲得できる機会が増えます。

さらに、他のプレイヤーとの競争も楽しい要素の一つです。「CRキャッツ・アイ」のパチンコホールでは、複数のプレイヤーが同時にプレイすることができ、大当たりを競い合うことができます。他のプレイヤーのテクニックや戦略を観察し、自分のプレイに活かすことができるかもしれません。

最後に、責任を持ってプレイすることが大切です。パチンコはギャンブルであり、負けることもあることを覚えておくべきです。予算を設定し、適切に管理することで、楽しい時間を過ごすことができます。

「CRキャッツ・アイ」は、パチンコファンにとって魅力的なゲームで、新しい台「牙狼」の登場により、さらに盛り上がりを見せています。ゲームプレイの楽しさ、テーマに沿った演出、そしてプレイヤーの技巧が組み合わさって、多くの人々に楽しみと興奮を提供しています。どのパチンコホールでも、新しい台で「CRキャッツ・アイ」を楽しむことができるので、ぜひ体験してみてください。

CRキャッツ・アイ 99ver. パチンコ・キャッツアイ・99ver・スペック・導入日・甘

人気のあるパチンコ新台「牙狼」とCRキャッツ・アイは、注目されています。

サミーの4号機『キャッツアイ』。1980年代の前半に「週刊少年ジャンプ」誌上で連載された同名の漫画作品(作者は北条司)とのタイアップ機で、ルーツとしては初代・ディスクアップの直系にあたる。(写真は「パチスロ大図鑑2001/ガイドワークス刊」より)
キャッツアイの基本的なゲーム性は以下の通り。

本機はオーソドックスなリーチ目マシンです。リーチ目の基本は「小役ハズレ目」と、これまた実にオーソドックスなのですが、演出なしのスイカハズレ目は2確とか、演出との組み合わせで1確に昇格するパターンとか、ビッグ後のAR突入が確定する演出があるとか、とにかく一言では言い表せないくらいに奥が深かった。

ちなみに、ここで言う「AR」とは「アシスト・リプレイ」の略です。キャッツには全3種類の12枚役が用意されており、配列上はこれらを同時に狙うことが出来ません。

しかし、ビッグボーナス消化後にARに突入すると(突入率は2分の1)、以後は規定ゲーム数を消化するまでRT状態に突入&3択12枚役を揃えるためのナビが発生し、コインがモリモリと増えるんです。1Gあたりの純増は、おそらく1.5枚くらいじゃないかと思います。5号機時代に人気を博した「新鬼武者」などのART機によく似ていますね、ええ。

そして、凄いのはここから。

キャッツアイはビッグ中にも3択の概念があり、小役ゲームで成立した15枚役(ビッグ中は12枚役から15枚役に昇格する)は通常時と同じく3分の1でしか揃えられません。

しかし、逆押しで右中段に「瞳7」をビタ押しすると、成功時には2択ナビが発生して2分の1の割合で15枚役を揃えられるようになります。さらに、AR中に引き当てたビッグは必ずフルナビゲーションの「ハイパービッグ」となって、大量獲得機レベルの出玉を得られるんですよ。つまり、同じ回数だけビッグを引き当てても、展開次第で最終獲得枚数が激変しちゃうんですな。

ちなみに、AR継続率は突入率と同じく「2分の1」。つまり、ハイパービッグ後に2分の1の抽選に漏れると、そこでARは終了します。また、AR継続ゲーム数は全部で12段階となっており(50G、100G、200Gまでが濃く、300Gからは100G刻みで継続。1000Gを超えた時点でAR2000Gが確定する)、節目のゲームでは継続抽選が発生(液晶画面に三姉妹のカードが停止すれば継続が確定)。たとえ内部的に継続2000Gが選ばれていても、速攻でビッグを引くと残りのゲーム数は切り捨てられるという、まさにタイミングが命のゲーム性だったんです(AR中に引いたREGは消化後にARが再開)。

継続ゲーム数の節目で発生する継続演出。突入した時点でAR継続ゲーム数は決まっているため単なる演出に過ぎないが、ノーマル配列(当りとハズレが交互に配置)の他に継続期待度の高いスペシャル配列(ハズレが3連続した後に当りが3連続、またはハズレ→当り→ハズレ→当りが3連続)もあって、打ち手は常に緊張感を持って演出に没頭できた。(※注・液晶の写メは全て当時物なので解像度が低く画質も悪い)
でもって、個人的にAR2000を確認したのは一度だけです。

そりゃそうだ。そもそもAR2000の選択率はおそろしく低いのに(ビッグの0.51%)、それを引き当てた上で1000G以上ハマらないと確認できないんですから。

そして、ハイパービッグ獲得枚数の個人レコードが下の写メ。

651枚は大したことないと思いますか? でも、キャッツはJACイン時の払い出しが1枚なので、パーフェクトを達成しても総払い出し枚数は669枚。しかも、JACイン確率が他の大量獲得タイプほど低くない上にJACハズレも多いので、ここまで獲得できることは極めて稀なんです。

一方、ノーマルビッグ獲得枚数の個人レコードは595枚です。

これがノーマルビッグという証拠はないので、信じてもらうしかないんですけど、この時はボタンを押す右手の親指に神が舞い降りて、2択をほとんどハズしませんでした。一機種を長く打っていればいろんなことがある…というお話です。

なお、5号機時代になるとキャッツの版権を平和&オリンピアさんが入手して、以降は機種名が原作と同じく「キャッツ・アイ」と表記されるようになりました。その際、最初に登場したオリンピア版では、サミー版と同じくTVアニメ版の声優さんがCVを担当していたのですが(瞳/戸田恵子、泪/藤田淑子、愛/坂本千夏)、後続の「恋ふたたび」からは全く別の声優さんに交代して現在に至ります。

どうやら、オリジナルの声優さんがパチスロの声を演じることに難色を示したらしいのですが、代役を務めた声優さんも可能な限り声質を寄せて演じたので、個人的にはまぁアリか…って感じでした。

少し話が逸れちゃいましたが、私の中では今もやっぱり4号機の「キャッツアイ」がフェイバリット機種なのです。

CRキャッツ・アイ 99ver.(平和/平和)|パチンコ機種情報|パチンコビレッジ

「牙狼」とCRキャッツ・アイは、新しいパチンコ台で人気です。

  1. 太郎さん: 「CRキャッツ・アイ」の新台「牙狼」は、アニメのファンにとって夢のようなゲーム。キャラクターたちとのふれあいが楽しい!
  2. 一郎さん: 牙狼の世界観を楽しむなら、新台がおすすめ。演出が素晴らしく、大当たり時の興奮はたまりません。
  3. 隆さん: パチンコ歴10年以上ですが、CRキャッツ・アイは新鮮で、新台「牙狼」の登場にワクワクしています。
  4. 豊さん: パチンコは戦略が大事。CRキャッツ・アイのテーマに引き込まれ、大当たりを狙いたくなります。
  5. 健一さん: 牙狼のストーリーが好きで、CRキャッツ・アイの新台を試してみた。想像以上の楽しさ!
  6. 良太さん: CRキャッツ・アイは友達と競い合うのが楽しい。新台「牙狼」での勝負が熱い。
  7. 宏さん: パチンコを楽しむなら、CRキャッツ・アイは外せない。テーマ性が充実していて、飽きない。
  8. 剛さん: 牙狼ファンとしては、新台を試すのは当然。キャラクターたちの演出がクオリティ高い。
  9. 昇さん: CRキャッツ・アイの新台「牙狼」は、他のパチンコとは一線を画す楽しさがある。
  10. 秀樹さん: 牙狼の雰囲気を楽しむなら、新台は外せない。特にビジュアルが魅力的。
  11. 裕太さん: 新台「牙狼」はパチンコ初心者にもおすすめ。ルールが分かりやすく、楽しい。
  12. 和也さん: 大当たり時の演出が見どころ。CRキャッツ・アイは感動的な瞬間がたくさんある。
  13. 俊介さん: 牙狼のキャラクターたちと一緒に遊べるのが最高。新台を楽しんでいます。
  14. 拓也さん: パチンコはテンションが大事。CRキャッツ・アイの新台「牙狼」は興奮が絶えません。
  15. 勝也さん: パチンコは運も大切ですが、CRキャッツ・アイのテーマ性が運を呼び込む気がします。
  16. 敬太さん: 新台「牙狼」の登場で、パチンコに再びハマってしまいました。楽しさが底知れません。
  17. 太一さん: 牙狼ファンの仲間たちとCRキャッツ・アイを楽しんでいます。テーマ性が熱い話題です。
  18. 宏樹さん: パチンコでストレス解消したいなら、CRキャッツ・アイは最適。新台でのプレイは楽しい。
  19. 義男さん: 牙狼のキャラクターたちが登場する新台は、ファンにとって夢のようなゲーム。
  20. 優太さん: CRキャッツ・アイの新台で友達と競い合い、楽しい時間を過ごすことができています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました